メールレディのリスクを知って危険を回避する

メールレディの副業は一見在宅ワークとして簡単にできるイメージがあり、メリットが多数と思われます。しかしながらリスクも当然あり、お仕事する前の知識として知っておかないと、危険な目にあう可能性もあります。メリットとデメリットを知って安全にメールレディとして稼ぎましょう。

メールレディをするリスクは?

顔バレや身バレするスクがある

男女のコミュニケーションなので当然ですが色恋沙汰のトラブルはあります。特に色恋営業などをしていたりする場合には、ストーカー化する事も。
「他の男と音声通話しただろう」とか嫉妬から暴言を吐いてくる人もいます。中には写真などから住んでいるエリアを特定し、うろつき始める事もあります。
外で撮影した写真は載せない方が安全です。

個人情報が漏れるリスクがある

line idやメアド、電話番号など一度でも教えてしまうと、しつこく連絡される恐れがあります。もちろんこの間のやり取りはお金になりません。ビデオ通話で見せ合いして会いたいと思った人以外には教えない方が安全です。また顔写真が流出して出会い系サイトなどで使われる可能性があります。

間違って詐欺サイトに登録するリスクがある

また一番リスクの高いものは詐欺サイトに騙されるものです。フェイスブックやツイッターなどのSNSアプリで勧誘してくる副業はほぼ詐欺です。登録先がサクラのみの出会い系サイトになっており、お金持ち男性のフリをしたサクラに騙されて有料ポイントを購入させられます。
簡単に月収30万円が稼げると言って宣伝してきますが、全て嘘なので聞かない様にしましょう。

会社に副業がバレるリスクがある

メールレディで稼ぎすぎると住民税を支払わないといけなくなります。会社員の人は特別徴収で一緒に引き落とされますが、メールレディ分の税金も上乗せされると会社にバレます。ですので支払いは普通徴収で自ら行うべきでしょう。

リスクを回避する方法

ですので顔写真は加工して誰かわからないぐらい可愛くしておく、また個人情報は絶対に教えないなどが必要で、怖いと思ったり、しつこく聞いてくる人にはブロックしてもいいでしょう。

また詐欺サイトに登録してしまった場合には、速やかに退会、送られてくるメールは無視しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加